栃木県伝統工芸品指定工房

丁寧に対応いたします。まずはお電話ください。
フリーダイヤル
0120-588-535
(不定休)
(不在の場合担当者直通:090-4523-9236)
〒320-0856 栃木県宇都宮市砥上18-7

桐たんすの仕上げ方

砥の粉仕上げ(うずくりヤシャ砥の粉仕上げ)

砥の粉仕上げ

桐たんすの仕上げ工法で代表的なのは砥の粉仕上げです。

砥の粉仕上げとはただ砥の粉を水と混ぜて塗るのではありません

仕上げ面をうずくりをしてから砥の粉とヤシャの実を煮出した液を

砥の粉を混ぜ塗ってから一度こすり落とし再度塗り重ねます。

桐たんすの砥の粉は良質な京都山科産が使われています。

砥の粉の色は白、黄。赤とありますが黄色砥の粉が多く使われますが

関西方面では赤砥の粉が使われることが多いです

ヤシャ液は最近では人工的に作られた桐たんす染料がヤシャ液の代わりに多く使われています。

砥の粉仕上げは汚れやシミが付きやすいという欠点がありますが、

上品な感じと高級感があり桐たんす独特の質感をもっていますので

桐たんすの仕上げ方ではとても人気があります。

桐たんす砥の粉仕上げ

修理 再生 リフォーム事例(砥の粉仕上げ)

桐たんすの修理 再生 桐たんす修理 再生 リフォーム リフォーム


焼仕上げ(時代仕上げ)

桐たんすの焼仕上げ

焼仕上げとは桐の木をガスバーナーで真っ黒に焼き上げその後、

砥の粉をすりこみ、木目を浮き出させる工法です。

真っ黒に焼いた桐板に砥の粉の色で木目を出すので下地が黒になるため

砥の粉仕上げと比べると渋い感じになります。

砥の粉仕上げよりシミや汚れは付きにくくなり目立たなくなります。

砥の粉の色を変えると仕上がり色も変わるのでお部屋に合わせて色を選ぶことができます。

桐たんす焼仕上げ

修理 再生 リフォーム事例(焼仕上げ)

焼仕上げ 焼仕上げ 焼仕上げ

色グレー       色グレー       色グレー

 

 


オイル仕上げ(オイルフィニッシュ)

オイル仕上げ

天然の植物油が主成分で、有害な化学物質の成分は含まない安全な塗料です。

調湿効果があり、木材の呼吸を妨げない特徴があります。

桐たんすをオイル仕上げにすると和風の家具が洋風になり

和室でも洋室でも合う桐たんすになります。

防水効果もありますので砥の粉仕上げや焼仕上げよりはるかにシミや汚れに強くなり、

お手入れも固く絞ったタオルなどで拭くことが可能です。

色のライト系からダーク系と豊富にありますので楽しんで選ぶこともできます。

以前はオイル仕上げの桐たんすは無かったですが、

生活様式が変わった今では桐たんすとオイル仕上げは

相性がいい組み合わせになっています。

桐たんすオイル仕上げ

修理 再生 リフォーム事例(オイル仕上げ)

オイル仕上げ オイル仕上げ

 

 

 

 

ページ上部へ戻る