栃木県伝統工芸品指定工房

丁寧に対応いたします。まずはお電話ください。
フリーダイヤル
0120-588-535
(不定休)
(不在の場合担当者直通:090-4523-9236)
〒320-0856 栃木県宇都宮市砥上18-7

桐たんすのお手入れ方法

桐たんすのお手入れ方法は乾拭きです。

乾いたやわらかい布で木目に沿ってやさしく拭いてください。

砥の粉仕上げの場合、強くこすると砥の粉がはがれてしまいます。

砥の粉仕上げは砥の粉を水に混ぜ桐の木に塗布して吸着させるため摩擦には弱いので、

けして強くこすったりはしないでください

また、水拭きをすると砥の粉が水を含み砥の粉が剥がれシミになってしまいます。

油を含んだ化学雑巾などの使用もしてはいけません。

桐たんすは木の呼吸を妨げないような塗装をしていますので

水には弱く、桐の木はとても柔らかい材質ですので傷も付きやすいです。

汗ばんだ手で触ったりしても跡が付いてしまいます。

もし、傷やシミが付いた場合は専門の業者に相談してみてください。

桐たんす専門でない業者や、ご自分で直そうとすると

さらにシミが広がってしまいますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る